メンズファッションで夏物のTシャツを買うならサイズ感に注目しよう

夏と言えばTシャツが王道であり、重要なアイテムになります。しかし、単にデザインだけで決めれば良いと言う訳ではありません。それぞれシルエットが違いますし、着用した時のサイズ感にも違いが見受けられるものです。それでは、そのシルエットと用途について見て行きましょう。

通常サイズと細身サイズ

一昔前であればTシャツのサイズ感にはほとんど違いがありませんでしたが、最近では体にフィットする細身のものも増えてきました。細身は抵抗のある方もいるかもしれませんが、実は様々な利点があります。

細身Tシャツの利点 その1

まず、シャツ等のアウターと合わせて着用しやすいメリットがあります。普通のシャツではかさばった着心地になってしまいますが、細身ならスッキリとした着心地で過ごせます。見た目としても、アウターとの差がはっきりとシルエットに出るので、ビシッと決まった印象になります。

細身Tシャツの利点 その2

意外にも、夏の暑い環境下で過ごしやすい特徴もあります。皮膚に服が張りついているので暑そうな印象も受けますが、フィット系のインナーは生地が薄いものが多いので暑くありません。また、熱気が中に篭もらないので暑さも軽減できます。普通のシャツだと、汗をかいた時にその部分が肌にくっついてしまいますが、細身系ならそうした心配もありません。

まとめ

体型やコーディネートにもよりますが、快適な面も多いのが細身のインナーです。まだ1枚も持っていないと言う人は是非、1度はチャレンジしてみましょう。